無垢のダイニングテーブルとは?

ダイニングテーブルを選ぶにあたり、「無垢(むく)」の意味がいま一つ理解できない、ということがあると思います。

無垢は「純粋無垢」などという表現でも登場しますが、建築用語では

「一本の木からとれるつなぎ目のない材木」

という意味で使用されます。

rapture_20140303101521

無垢ではない素材に「集成材」がありますが、こちらは、板を接着剤で貼り合わせた材木のことです。

つまり、伐採した木をそのままの状態で使用しているのが無垢で、他の木材が混ざっていない場合に「無垢」と表現します。

1.無垢ダイニングテーブルの特徴について

無垢が使用された家具は、一般に

1.調湿作用
2.断熱性
3.吸音効果

に優れていると説明されます。

フローリングなどにも無垢が使われることがありますが、

・室内が乾燥しているときは、木材の水分が放出され
・室内の湿度が高いときは、木材が水分を吸収する

という特徴があります。

つまり、無垢のダイニングテーブルには、室内の湿度を一定に保つ効果があります。

また、コンクリートの約2倍の断熱性能があり、吸音効果にも優れています。

しかし、無垢のダイニングテーブルを選ぶ人のほとんどは、これらの効果よりも「木の本来の肌ざわり・香りを楽しみたい」という理由で選んでいます。

2.無垢のダイニングテーブルが少ない理由とは?

rapture_20140303101459

日本でもかつては、無垢の木材が使用されていましたが、現在では、集成材が使用されることがほとんどです。

無垢が使用されなくなった背景には、

・木材のくせを見抜く職人の減少
・安価な集成材の登場
・品質が安定しない

などの理由があります。

無垢の木材は、工場で均質化されたものとは異なりますので、1つ1つに個性、くせのようなものがあります。

昔の大工さんは、木のくせを修正しながら住宅や家具を作っていましたが、現在では、そのような熟練の職人は多くありません。

さらに、無垢の木材は使用しているうちに「割れ」や「反り」が発生することがあります。

無垢の特徴を理解していないお客様からの苦情を避けるため、あえて集成材を選ぶこともあります。

3.無垢のダイニングテーブルを入手するには?

rapture_20140303101938

無垢のダイニングテーブルを手に入れるには、

1.無垢の取り扱いのある専門店で購入する
2.材木を購入しDIYで作る

のいずれかになります。

無垢のダイニングテーブルを購入された場合でも、メンテナンスに関するDIYの知識が必要になります。
このサイトの情報や書籍などで理解を深めるようにしてください。

free space


最近の投稿