無垢タモ材のダイニングテーブルの特徴について

無垢のタモ材は、国内でとても人気があり、さまざまな家具に使用されています。

これまでは国内産のタモ材でまかなわれていましたが、現在では、中国産のタモ材や北米のホワイトアッシュをタモ材として扱われることもあります。

1.無垢タモ材の特徴について

rapture_20140303104204

「タモ材は野球のバットに使用されている」というとイメージしやすいと思いますが、非常に強い材質で、明るく落ち着いた印象のある木材です。

また、タモは湿地に生育する樹種で、国内では、北海道の日高・十勝産のタモが優良な産出地として知られています。

タモ材はダイニングテーブルの素材として使用されるほか、カウンターやフローリング、ドア枠材などにも使用されています。

また、無垢のタモとして利用されるほか、合板の原料としても利用される樹種ですので、身近な素材であるということができるでしょう。

2.タモ材が偽装表示に利用されている!?

rapture_20140303104146

タモ材は入手しやすく、木目も美しいことから、他の高級無垢材であると偽って販売されることがあるといわれています。

具体的には、タモ材を使用しているのに「ナラ材」、あるいは「ケヤキ材」として販売されることがあるようです。

ナラ材とタモ材の見分け方は、

・タモ材のほうが木目がはっきりしている
・ナラ材には必ずトラフ(トラの毛のような紋様)がある

という点で判断します。

また、ケヤキ材との見分け方は、普段、見慣れている人でないと分からないかもしれません。

極端に価格の安いケヤキ材やタモ材が販売されていたら、注意する必要があるかもしれません。

3.タモ材の魅力について

rapture_20140303104136

無垢のタモ材は、他の樹種に偽装されて販売されることがあることを説明しましたが、見方を変えると「コストパフォーマンスの高い樹種」であることが分かります。

ダイニングテーブルに使用するにも十分なほどの強度があり、美しい木目も楽しむことができます。

ナラやケヤキといった最高品質の素材に手が届かないときでも、タモ材を使ったダイニングテーブルで同等の満足度を得ることができます。

DIYによる加工も難しくはありませんので、手作りのダイニングテーブルにチャレンジする素材としても適しています。

free space


最近の投稿