無垢のダイニングテーブル ウレタン樹脂塗料

無垢のダイニングテーブルをDIYで作る場合、ウレタン樹脂塗料かオイル塗料かを決める必要があります。

最近では、市販されているダイニングテーブルのほとんどがウレタン樹脂塗料が使用されていますので、ウレタン樹脂塗料で計画されている方もいるかと思います。

ウレタン樹脂塗料は、「ウレタンニス」などの名前で販売されているものです。

ここでは、通常の「ニス」と「ウレタンニス」の違いについて説明したいと思います。

1.水性ニスと水性ウレタンニスの違いについて

rapture_20140303104957

無垢ダイニングテーブルに使用する塗料には、「水性塗料」と「油性塗料」がありますが、扱いやすさや環境への負荷の大きさの違いにより、「水性塗料」が選ばれることがほとんどです。

そして、水性ニスと水性ウレタンニスの違いですが、大きな違いは、

塗膜の強さ

にあります。

室内に飾る工作品なら「水性ニス」でも十分ですが、ダイニングテーブルやチェアなど、外部からの衝撃が大きいものを塗装する場合は、「水性ウレタンニス」が適しています。

2.小さなお子様、ペットを飼われている場合の塗料の選び方

rapture_20140303104939

家族に小さなお子様やペットがいることで、「オイル塗料」を選ばなければ、と考えてしまう人もいますが、その場合でも、ウレタン樹脂塗料を選ぶことはできます。

ウレタン樹脂塗料の中には、食品衛生法の基準に適合したものもあり、木製の食器などに使用できるタイプも市販されています。

このような食品衛生法の基準を満たした塗料を選ぶことで、小さいお子様がいる場合でも、ウレタン樹脂塗料を使うことができるようになります。

3.塗料が硬化するまでの期間について

rapture_20140303104904

無垢ダイニングテーブルにウレタン樹脂塗料を使用する場合、塗装をしてから3日~1週間程度、乾燥のための期間をとります。

とくに「水性」のウレタン樹脂塗料の場合は、完全に硬化するまでは、水からの影響を受けやすくなりますので、あわてずに十分時間をかけて乾燥させるようにしてください。

一度、完全に硬化してしまえば、その後は、メンテナンスをすることなく、長期間にわたって使い続けることができるでしょう。

free space


最近の投稿