無垢のダイニングテーブル 塗装の違いについて

rapture_20140303101707

無垢のダイニングテーブルを選ぶ場合、仕上げ塗装の違いについても理解しておく必要があります。

一般に家具の塗装法には、

 1.オイル塗装仕上げ
 2.ウレタン塗装仕上げ
 3.ラッカー塗装仕上げ

の3種類があります。

ラッカー塗装仕上げについては、アメリカのヴィンテージ家具に使用されていたケースがありますが、傷が付きやすく、熱や水分からも影響を受けるものです。

市販されているダイニングテーブルのほとんどは、オイル塗装、あるいはウレタン塗装仕上げをしています。

1.オイル塗装による仕上げについて

rapture_20140303104911

オイル塗装による仕上げは、天然の植物油を布などにしみこませ、それを無垢の表面から浸透させる方法です。

「塗装」というとスプレーガンで塗料を吹き付けるイメージがあるかもしれませんが、時間をかけオイルを浸透させる方法によるものです。

オイル塗装のダイニングテーブルの特徴には、

 ・無垢材の表面の凹凸がそのまま残せる
 ・ウレタン塗装と比較すると強度は劣る
 ・DIYによる補修が容易にできる

などがあります。

北欧のヴィンテージ家具でも、このオイル塗装で仕上げられているものが多くありますので、伝統的な無垢材にやさしい塗装法といえます。

2.ウレタン塗装による仕上げについて

rapture_20140303105048

これに対してウレタン塗装による仕上げは、2種類の樹脂と塗料を混合し、表面に頑丈な塗膜を形成させる塗装法です。

オイル塗装は、無垢材に植物油を浸透させる方法ですが、ウレタン塗装は、無垢材の表面を頑丈な樹脂で固めるようなイメージです。

ウレタン塗装されたダイニングテーブルの特徴は、

 ・熱や水に対しての耐久性が高い
 ・表面がプラスチックのようなつるつるとした感触になる
 ・DIYによる補修は困難である

などとなります。

熱や水に対する耐久性を優先するなら「ウレタン塗装」、無垢材の素材を生かした仕上げをするなら「オイル塗装」という選択が基本になります。

また、DIYによるダイニングテーブル作りをする場合は、必然的にオイル塗装を選択することになります。

free space


最近の投稿