無垢ダイニングテーブルの設計に必要なソフトについて

無垢ダイニングテーブルをDIYで作るには、設計についても自分でする必要があります。

一般に設計をする場合の手段としては、

 1.手書きによる図面の作成
 2.CADソフトを使用
 3.DRAWソフト(イラストレーター等)を使用

などが考えられます。

CADソフトもDRAWソフトも使い慣れていない場合がありますので、ここでは、専用ソフトとしてまとめて考えることにします。

1.無垢ダイニングテーブルの図面を「手書き」で作成する場合について

rapture_20140303110548

無垢ダイニングテーブルの図面を手書きで作成する場合の特徴は、

・メモ書き程度から気軽に取り組める
・手を動かすので、考えがまとまりやすい
・複雑なものを設計する場合、時間がかかる

などになります。

まず、手書きによる図面作成の大きなメリットは、「気軽に始められる」ことです。

また、構想がまとまっていないときなどは、手を動かすことで、考えがまとまりやすい、というメリットもあります。

しかし、複雑な設計を手書きでする場合は、それなりに時間もかかりますし、修正に時間がかかるデメリットもあります。

2.専用ソフトで図面を作成する場合について

rapture_20140303110220

専用ソフトを使ってダイニングテーブルの図面を作成する場合の特徴としては、

1.修正が簡単にできる
2.きれいに出力(印刷)できる
3.ソフトの使い方を学ぶ必要がある

などがあります。

まず、紙と鉛筆を使って図面を作成するのではなく、コンピュータの画面上で作成していきますので、大幅な修正でも簡単にできます。

また、完成した図面をプリンターで印刷することもでき、必要に応じて何枚でも図面を作ることができます。

しかし、一般に専用ソフトの操作方法は煩雑なものですので、操作に慣れるまでに一定の時間がかかる問題もあります。

そのため、「今から専用ソフトをマスターして…」と考えている場合は、手書きでの設計がいいと思います。

無垢ダイニングテーブルの図面は、比較的シンプルなものになりますし、操作方法のマスターには、それなりの時間がかかるからです。

free space


最近の投稿