無垢ダイニングテーブルの高さの考え方について

DIYで無垢ダイニングテーブルを作る場合、その高さについても検討する必要があります。

一般的な日本のダイニングテーブルの高さは「70cm」程度で、ダイニングチェアの高さは「40cm」程度になります。

ここでは、ダイニングテーブルとダイニングチェアの高さの関係についてご紹介します。

1.ダイニングテーブル・チェアの「差尺」について

rapture_20140303102420

テーブルとチェアの高さの関係は、「差尺」という概念で決められます。

差尺は、ダイニングテーブルの甲板とダイニングチェアの座面の高さとの「差」のことを言います。

一般に座り心地の良い差尺は、

(身長×0.55) ÷ 3

を求め、その値から2~3cm引いた差尺のときに「すわり心地がよい」と感じます。

個人的な感じ方による部分もありますが、DIYによる設計の際に参考にしてください。

2.使用するダイニングチェアが決まっている場合

clamp

すでにダイニングチェアが決まっている場合、ダイニングチェアの高さを基準に無垢ダイニングテーブルの高さを決めることができます。

DIYで失敗しがちなのは、欧米製のダイニングチェアを購入しているのに、無垢ダイニングテーブルのほうは、日本基準の70cmとしてしまうことです。

欧米の人たちの体格は、日本人よりも大きいことが多く、それを基準に設計されていますので、日本よりも座面の高さが高い場合があります。

すわり心地を決定するのは差尺、つまり、ダイニングチェアの座面の高さとダイニングテーブルの高さの差ですので、ダイニングチェアが決まっている場合は、それに合わせた設計が必要です。

3.ダイニングチェアが決まっていない場合

sander

ダイニングチェアが決まっていない場合は、まず最初に「すわり心地がよい」と感じる座面の高さを確認し、ダイニングチェアから決めるのも一つの方法です。

すわり心地の良いチェアを選定し、それに合わせて無垢ダイニングテーブルの設計ができるのは、DIYならではのこだわりではないかと思います。

DIYでは、計画や設計に時間をかけ、理想的な無垢ダイニングテーブルを目指すようにしてください。

free space


最近の投稿