無垢ダイニングテーブルの広さと間取りの関係について

無垢ダイニングテーブルをDIYによって作る場合、部屋の大きさとダイニングテーブルの大きさの関係について理解しておく必要があります。

テーブル一人あたりが使用するスペースは、長方形の場合

 幅60cm×奥行40cm

を目安にすることを説明しましたが、ここでは、部屋の広さと無垢ダイニングテーブルの大きさの関係について説明します。

1.ダイニングチェア+人+テーブルで計画する

rapture_20140303104020

部屋のスペースと無垢ダイニングテーブルの広さの関係は、テーブルの広さだけでなく、

 ・ダイニングチェアが必要とするスペース

も考えなくてはなりません。

通常、ダイニングチェアに座る際、「ダイニングテーブルとダイニングチェアの間に人が立つ」状態になりますので、ダイニングテーブルの周囲に必要なスペースは、

 人が立てる幅 + ダイニングチェアの奥行

であることが分かります。

一般的なダイニングチェアの奥行きは50cm前後であることが多く、人が余裕をもって立てるスペースは30cmほど必要です。

そのため、無垢ダイニングテーブルの周囲に「80cm」程度のスペースが必要なことが分かります。

2.ダイニングチェアの後ろを歩く場合の必要スペースについて

rapture_20140303102454

ダイニングチェアに人が座っている状態で、その後ろを人が歩く場合があります。

この場合、ダイニングテーブルの周囲のスペースが「80cm」では足りず、さらに「30cm」のスペースが最低限必要になります。

人間が無理な姿勢をとることなく歩ける幅は、一般には60cm程度です。

一般的なダイニングチェアの奥行きが50cm程度であることから、ダイニングテーブルから110cm程度は必要になることになります。

3.丸い無垢ダイニングテーブルを製作する場合

rapture_20140303101618

同様に丸い無垢ダイニングテーブルを部屋に置く場合、

 ダイニングテーブルの直径 × 2.3~2.4

が必要スペースになります。

直径120cmの丸いテーブルの場合、276cm~288cm四方のスペースが要ることになります。

無垢のダイニングテーブルを設計するにあたり、人が座る場合に要するスペースについても、十分検討するようにしてください。

free space


最近の投稿