丸のこ 無垢ダイニングテーブルDIYに必要な道具

無垢ダイニングテーブルをDIYで作る場合、製作に必要な道具(工具)をそろえる必要があります。

ダイニングテーブルをDIYで作る場合は、ある程度の時間がかかりますので、1度しか使わないという場合は、オークションで購入・売却というのもいいかもしれません。

ここでは、無垢ダイニングテーブル作りに欠かせない「丸のこ」についてご紹介します。

1.DIYに必要な「丸のこ」とは?

rapture_20140303111202

無垢ダイニングテーブルをDIYで作る場合、丸のこは、必ずと言っていいほど必要になる道具です。

丸のこは、サーキュラソーとも呼ばれるものですが、電気モーターで丸いのこ刃を回転させ、資材を高速かつ正確に切断するための道具です。

また、丸のこで切断できるのは無垢の木材だけでなく、プラスチックや金属・レンガ用ののこ刃もありますので、DIYを楽しみたい方には必須の電動工具といえるでしょう。

2.丸のこのキックバックについて

rapture_20140303111225

丸のこを使用するにあたって注意する点は、けがなどの事故防止に気をつける必要があることです。

正しい利用方法を守れば危険なものではありませんが、丸のこのキックバックについては理解しておく必要があります。

丸のこのキックバックは、材料に丸のこが跳ね返されることを言いますが、通常は、無垢材の厚さに対し、丸のこの刃を出しすぎていることが原因です。

無垢材の厚みよりも3mm~5mmほどのこ刃が出るように調整し、無理な切断をしないようにする必要があります。

3.無垢材の切断に自信がない場合について

rapture_20140303111213

DIYでダイニングテーブルを作りたい場合でも、丸のこの扱いに自信が持てない場合があります。

そのようなときは、材料のカットだけを木工店などに依頼し、組み立てをDIYですることもできます。

DIYによるダイニングテーブル作りでは、無理をしたり、自信のない作業をするのは危険が伴います。

すべての作業を自分で使用とするのではなく、自分ができる範囲でDIYを楽しむのがいいでしょう。

free space


最近の投稿