無垢ダイニングテーブルを失敗せずに手に入れるために

最後に、無垢ダイニングテーブルをDIYで作る場合、家具店で購入する場合において、
失敗せずに入手する方法
について考えてみます。

1.DIYで無垢ダイニングテーブルを作るリスクについて

rapture_20140303110220

DIYで無垢ダイニングテーブルを作る場合、一般に

 1.製作に失敗するリスク
2.ケガのリスク

があると考えます。

しかし、ダイニングテーブルの場合は、製作で失敗してしまうリスクというのは少なく、ケガのリスクに注意するべきと考えます。

まず、「思ったように仕上げられなかった…」「ガタつきが生じている…」といった失敗については、後でいくらでも修正することができるものです。

ダイニングチェアやたん笥などは、高い技術力が必要な場合もありますが、テーブルは構造もシンプルです。

しかし、DIYで使用する、丸のこやインパクトドライバーなどの電動工具は、使用方法を誤ってしまうとケガや事故を引き起こすものです。

基本的に「回転する工具」を使用する場合は、軍手を外して使用するか、あるいは、専用の革手袋を使って作業します。

ダイニングテーブルをDIYで楽しみつつ手に入れるのは、とても贅沢な時間の過ごし方ですが、安全第一で作業するようにしましょう。

2.無垢ダイニングテーブルを購入する場合のポイントについて

rapture_20140303104136

無垢ダイニングテーブルを失敗なく購入するには、

自分と相性の良いショップを見つけること

が何よりも重要です。

自分の希望を伝え、適切なアドバイスが受けられるショップが理想ですが、木材やメンテナンスなどについての基本的な知識を身につけておくといいでしょう。

本当に価値のあるダイニングテーブルを購入する場合は、少し勉強してから家具店めぐりをするようにします。

3.ホームセンターも有効に活用

rapture_20140303103138

無垢のダイニングテーブルを購入する場合は、「ホームセンターは関係ない」と思われるかもしれませんが、

メンテナンス

についての知識を身につけるためにも活用するべきです。

DIYで作るかどうか迷っている場合は、電動工具を試しに使わせてもらえる場合もあります。

樹種、メンテナンス、工具全般について知識が深められる、ホームセンターを有効活用することが失敗しないためのポイントです。

free space


最近の投稿